オブジェたち

e0092612_12575121.jpg



999匹の羊店内のオブジェの一部です。
いい感じかなあ・・なんて思って撮ってみました。
これは、たぶん常連さんでも「これどこあたり??」って、
思うかもしれませんよね。 ぜひ探してみてくださいね。

ちなみに、ほとんどのオブジェは15年間かかって、
イタリアやフランスで収集できた、お気に入りのものです。
e0092612_1335972.jpg

 
ここは、カウンター席の一部です。
999匹の羊は、3分の1はカウンター席です。
オープンキッチンで、出来立てのお料理をすぐにお出しできます。
カウンターから、お気軽にお声かけてくださいね。
# by sheep999 | 2005-10-22 13:08 | その他

いただきました。

いつもお越し頂いているイギリス御出身のお客様から、油絵をいただきました。
自らが書かれたそうです。
ワインとたまねぎ、みかん。。。お店にでも飾ってと言うことでした。
そこで、早速額縁を買いに出かけました。
自分にとって、油絵のフレームを購入するのは初めてのことで、なかなか
困ってしまいました。
写真とかと違って、結構どれもごっつい?(周りが大きい)ですよね。
なんか、フレームの選択でずいぶんと絵の良し悪しが変わる感じ・・・・

よく、TVの鑑定団で「この額はぜんぜんいけませんねえ・・。変えましょう。」
なんて言っているのを、思い出してしまいました。ハハハ。

こんなに全体が大きくなってしまって、どこに飾ろうかなあ??
自宅にしようかなあ・・・・
でも、感謝、感謝です。。
めずらしい頂き物でした。
e0092612_8562786.jpg

# by sheep999 | 2005-10-21 08:56 | お客様



自家菜園のナスが、大量に収穫できました。
たぶん、今年最後?の収穫になるのかも・・・

今日は取れたてのナスを使って「カポナータ」
e0092612_11275728.jpg
を作りました。
いろいろ野菜の、イタリア風トマト煮込みです。

メインは、取れたてのナス。ナスの持つ自然な甘さが
全体の味の決め手です。
あとは、ズッキーニやパブリカ、セロリ、たまねぎ、人参それらの
持つ野菜の旨味、そしてトマトの甘みや酸味など、
バランス良く仕上げていきます。

自分がこの料理を作るうえで、いつも一番心がけていること
は、口に入ったときにそれぞれの野菜の旨味がわかること・・・

この点です。野菜のぐちゃぐちゃ煮込みにしてはいけません。

もう一回ぐらいは、美味しいナスが収穫できるかなあ・・・
# by sheep999 | 2005-10-19 11:26 | グルメ

e0092612_0244582.jpge0092612_0222136.jpg

e0092612_0231477.jpg


今日土曜日は、宮崎さんの結婚式2次会が無事に執り行われました。
宗恭さん、真由美さん、心よりおめでとうございます。(右上のお二人。美男、美女!!)

今日の幹事さんも、最高でしたね。
司会、進行とも、とてもテンポやタイミングもよくすばらしい2次会でした。

そんな中から、ゲームでの写真を二つ。。。。。

ひとつは、風船をいっきに膨らませて誰が早く割れるか・・・ゲームです。
(写真左、罰ゲームで青汁を一気飲みしているところです)
もうひとつはウーロン茶を、ながーーいストロウでいかに早く飲み干すか・・・ゲームでしたね。

さすがですよね。シンプルな企画ながら大変盛り上がりました。

僕らも見ていて、とても楽しい2次会でした。
こういうのは、なかなかありません。。。。。すばらしい!!
きっと、今後の2次会の参考にもなることでしょうね。。

宮崎さんご夫妻も、本当に幹事さんには大感謝でしょう。
お二人とも、末永くお幸せに。
また、落ち着いたら999匹の羊にゆっくりお食事にお越しくださいませ。

今日は、皆様ありがとうございました。。
# by sheep999 | 2005-10-16 00:43 | お客様

e0092612_9233912.jpge0092612_9185857.jpg

今日はいよいよ、新しいパルマ産生ハムが
届きました。

前回同様、9キロ近くある大物です。

生ハムにもいろいろありますが、999匹の羊の
こだわりは、パルマの「フェラリーニ社」のもので、
22ヶ月の長期熟成したもののみを
お出しするようにしています。

やはり、一般的な12ヶ月熟成よりも口に
含んだときの香りがぜんぜん違いますよね。。。
熟成された、まさに芳醇と言うにふさわしい
すばらしいものだと思っています。

それをさらにオーダーいただいてからカット
しておだししているんですよ。

実は、今回はとても参ってしまいました。(>_<)
見てくださいよー。
この脂肪の厚さ、量!!Oh,my ・・・・・
確かに、これはこれで利用価値は十分に
あります。
とても香りの良いラードとして、ソテーするときや
パスタなんかにも利用できます。
(たまに、常連さんなんかにも差し上げて、大変
喜ばれています)

でも、生ハムとしてお皿には盛れませんよね。
いつもにも増して、分厚い脂肪にはびっくりでした。

ただ、その脂肪の下には、まさに霜降りの生ハム
眠っていました。
まるで、イベリコ豚のようです。

少し削って、みんなで味見・・・・・・・・・・・・
うーん、言葉になりません。。。
とろりとした触感に、鼻を抜けていく最高の香り!!
この後は、ぜひ皆さん召し上がってみてくださいね。
# by sheep999 | 2005-10-15 09:28 | グルメ

e0092612_8302786.jpge0092612_8305192.jpg



プリンを作りました。

美味しそうな、北海道の栗かぼちゃを仕入れましたので、早速作ってみました。

こだわりの蜂蜜を使います。
これは、常連のお客様のお父さんが
手絞りで作っている美味しい蜂蜜です。(写真右)

かぼちゃは、ペースト状にした後、温めたクリームで
伸ばしましょう。そうすれば、卵と上手く混ざりますよ。
(写真右)

***くれぐれも混ぜるときに、空気を取り込むように混ぜたりしてはいけません。***
***左右に泡だて器を軽く動かすようにしましょ。気泡が入らず上手くいきます。**

 どうでしょうか?プリンはやわらかさにも、ものすごく気を使って作ってます。
焼きの最後は、2-3分おきに固さをチェックして、ぎりぎりのタイミングを
見計らっています。余熱による固まり具合も考えます。

最後の数分のところで、電話とか、業者さんの納入があったりしたときには
もう、とても大変。。
「ごめんなさい、ちょっと待ってねー」って。
1分でも余計に火が入りすぎると、プルルン感がばっちり決まりません。

そしていよいよ最後。。オーブンから出す最後の瞬間がたまりません!!!
プリンの真ん中がミディアムで、かすかにふるえているのがベストです。
ちなみに、今回も100点!!
e0092612_8385866.jpg

# by sheep999 | 2005-10-14 08:37

e0092612_111866.jpg

e0092612_11182847.jpg

ご紹介します。これが999匹の羊の店内の一部です。
もちろん、ご来店いただいている方はご存知ですよね。

初めての方、よろしくお願いします。

40席程度で、カウンターが3分の1、個室はありません。基本的には、
禁煙席と喫煙席をつくってますが、狭いので確実に毎日対応できるとは限らない
のが現状です。

ワインや、お料理の香りも美味しさの大切な要素です。
特におタバコをお吸いにならない方は、煙が気になりますよね。
自分も吸わないので、気持ちはよくわかります。
また、お子様ずれの方も、子供に煙が行ったら、いやですよね。
(ご家族が自宅で吸っているかたは、、気にならないのかも??)

でも、アルコールが入るとタバコが恋しくなるのもわかります。
手持ち無沙汰で、つい手が伸びることもありますよね。

ご予約時に一応、一言お伺いしていますが、幹事さんが
吸う方、吸わない方の把握を必ずしているとも限りません。

特に、ご予約の込む週末には100%対応できると言うことが
いいかねます。ごめんなさい。

おタバコをお吸いになる方と、そうでない方の席を隣り合わせにしないよう
極力努力しているのが現状です。

   お気軽にお声を掛けてくださいね。
# by sheep999 | 2005-10-13 11:39 | その他

こだわりのチリワイン

e0092612_9494216.jpg


僕は、チリワインが大好きなんです。特に赤のカベルネ・ソーヴィニョンです。
 
気の合う方は、ぜひ読んでみてください。

ムートンも、ルロアも、アンリ・ジャイエもいいけど、なんていってもコストパフォーマンス
がいい。20000円のワインは、2000円の20倍いいのかっ??そう考えると、
2000円のワインを10回楽しんだほうがいいなって思えちゃいます。
(たまには、高級レストランで高級ワインもいいけどね。)

ちなみに、999匹の羊はぜんぜん高級レストランではありません。
気軽に、がんがんやっていただきたいのです。年に1回でなく、月に1回、日々
使える店にしたいのです。

そんななかで、チリワインは値段、味ともにバランスの取れたワインだと思ってます。

ディアブロというチリワインが世間に広まった頃は、チリワインと言えば果実実が
たっぷりの、濃くて渋くて、インパクトだけはあるけどうすっぺらな感じのワインーーー
そんなイメージでした。

はじめは、999匹の羊でもとてもディアブロは、人気でした。でも、半年もすると、
だんだんリピーターが減ってきました。
・・・・飽きてしまうんですよね・・・・・・・・・・・

実際、自分でもそう思います。特に2人でじっくり飲もうとすると、半分くらいでもういいかなって。

最近のチリワインは間違いなく違います。!!

確かに、まだそういうワインもありますが、バリエーションがとても増えました。

ボルドーのワイン作り手、リュリュトンや、イタリア、アルゼンチン、アメリカ,etc・・・・・・・
世界中の有名な作り手がチリでワインを造り始めました。


そうすることで、各国の特色を持ったチリワインがでてきました。

これはもう最高に楽しめます。

全体的に、タンニンや、果実実だけが前面に出ることなく、すべてがまとまった感じの、
すっきりとした、飲みやすい、飽きの来ない、じっくり楽しめるワインになってると
私は思ってます。


唯一欠点は、バリエーションの少なさかな。
ちょっといいなあって思うと、すぐにディスカウントストアーに山のように並ぶし。
味だけでなく、こちらの点で飽きてしまうのは少々難点です。

が、しかし・・・・・

今回の写真を見てくださいよ。珍しいでしょ。
ここで、新しく輸入されたり、ニューラベルでリニューアルされたものばかり
買うことが出来ました。 やったね!!

これはもう、楽しめますよ。

中でもお勧めは、カベルネとシラーのブレンドを12ヶ月の樽熟成させたものです。
さすが、チリ。何でもありのところもいい!!!

さて、今日はどれを開けてみようかなあ。。。。。
# by sheep999 | 2005-10-13 10:25

早速、茹でたてブロッコリーでスパゲッティ作ってみました。
  ブロッコリーとアンチョビのガーリックスパゲッティ
ーー ブロッコリーがメインの、美味しいパスタです。ポイントを押さえれば、
 とても簡単ですよ。ーーーーー


1.にんにくのみじん切りと、たかのつめをオリーブオイルで炒めます。
 (オイルは、40ccくらい)

2.香りが出てきたら、アンチョビーのフィレ2枚をみじんにしたものを
 加えて、弱火にして軽く炒めます。

3、ここに、前もって茹でておいたブロッコリーを加えます。
 (パスタの茹でているなべで、一緒に30秒くらい茹でてもいいですよ。)

**シェフのこだわりーーーポイントは、茹でたブロッコリーの水分を
 しっかり切ったものをフライパンに入れてください。

 ここで、ブロッコリーにアンチョビーの香りや、塩分、たかのつめの
 辛味をオイルをしっかり含ませる ことで、とても美味しいブロッコリーになります


4.白ワイン少々を加えて、軽くアルコールを飛ばします。
 そうすることで、アンチョビーの生臭さを消し、仕上がりの香りもよく
 なります。

 *温度の高いフライパンの中にワインを入れると、油と水分が
 分離して飛び跳ねてかなり 危険です。
 必ず、温度を下げたところに少量いれるようにしてくださいね。
 
 僕も忙しいときには、これで何度も油が腕に飛んで焼けどしちゃいました。(~_~;)


5.3のフライパンにパスタのゆで汁を1-2杯、(40-60cc)加えて、
 そのあと、茹でたパスタを加えてください。

 仕上げに、エクストラバージンのオリーブオイルで香りつけと、塩味を補って
 出来上がり!!
 
 おっとっとっつ、、大事なこと、忘れてたーーーー。最後にレモン汁か、ビネガーも必ず 加えましょう。ほんの少しですよ。
 これで、味がぐっとしまります!!

 さあ、熱々こりこりのブロッコリースパゲッティ、召し上がれ!!最高!!!!
 
 今回は、素揚げのなすと、パブリカを加えましたが、あとは、フレッシュトマトや、
 ケッパー、オリーブ、チキン、白身魚、なんでも合いますね。。。。。。

 チキンや魚を加えるときには、ソテーしたあとに白ワインをさっと加えてください。
 オイル以外の材料が入れば入るほど、油の飛び跳ねは少なくなりますよ。
 
 では、また次回。ご質問があればどうぞ。。

e0092612_23334226.jpg

# by sheep999 | 2005-10-12 23:32 | グルメ

ブロッコリーのこだわり

ブロッコリーにも、とてもこだわりがあります。
いつも、いろいろな野菜を仕入れますが、特にブロッコリーには
深いこだわりがあるのです。

999匹の羊では、ブロッコリーそのものを召し上がっていただく、
「ブロッコリーのアンチョビガーリック」と言うメニューが
あります。その他、サラダにも、パスタにも、なんにでも使える野菜
として大活躍です。

そのものをさっと塩湯でして食べていただくため、素材の良し悪しが
とてもよく出ます。そこで・・・・・・・・・・・・・・

1、出来るだけ硬く、しまったもの。
2、丸くて、盛り上がった見た目にもおいしそうなもの。
3、切り口をみて、真ん中が割れていないもの
   (乾燥して割れてるものが多い)
4、ひっくり返して、中の茎が張が合ってみずみずしいもの。
5、緑色がはっきりしていて、美しいもの。
6、においをかいで見ること。

特に6、は大切です。最近は中国産の安いものも売ってますが、
ひどいものは、茹でたときにホルマリンのにおいがします。
さらに、水でさらしてもにおいが取れないものもあります。
ゆでる前にカットして、一口大にしてからボイルしますが、
そのときに、手が油っぽくなるものまでありました。

ですから、必ず匂いはチェックしましょう。

国産のブロッコリーには、まずこの匂いはしません。
安全と言う点では、お勧めです。
ただ、1-5の条件をそなえたもの、特にしっかりしまったものが
少ないのが悩みです。

今日は、最高の国産ブロッコリーを仕入れることができました。
茎もみずみずしくて、美味しそうです。
茎は、周りの皮を剥いて、一緒にゆでます。
甘くて美味しいですよ。。。
(茎の真ん中の裂けたものは、お勧めしません)
  
e0092612_23265215.jpg
# by sheep999 | 2005-10-12 13:17 | グルメ