2019年 02月 08日 ( 1 )

能登ワイナリーへ行ってきました

2月3・4・5日とお休みありがとうございました😊!


リフレッシュとお勉強を兼ねて
北陸新幹線に乗り
石川県〜富山県へ…🚄
------------

【能登ワイナリーさんの見学に行ってきました!】

------------
e0092612_12142577.jpeg
品種説明、設備、貯蔵庫も見せて頂き
風が強い中、ワガママを言い
畑まで案内して下さいました。


町興しの一環事業を担い
自社畑と、契約農家さんと共に
様々なブドウを植樹されてます


主力は【黒ブドウ】の
【ヤマソーヴィニョン】
【マスカット・ベーリーA】
白ブドウでは【シャルドネ】


シャルドネは、
どんな地にも根付く逞しさがある
…と仰っていましたが、
本当にそうですね…

体を成す品種と言えば、
ソーヴィニョンBを
思い浮かべるかと思いますが

『5年間育てましたが、この春根を抜きます…』

と、
哀しそうに
お話しくださいました。

気候・土壌が
適さなかったそうです。


まだまだ
新しい品種も試したい!
と意気込みや前向きなお言葉!!
今後の益々のご活躍に期待大ですね110.png


ちなみに、
ヤマソーヴィニョンの平均樹齢は
【15年】
だそうです。

そして、
元は【荒廃した栗畑】だそう。
どうりで山の中…106.png
そのおかげか
風の通りが非常に良いですね~

また、どうやら、
白ブドウよりも
黒ブドウの栽培が盛んで
生産比率もざっくり9:1で赤ワインが多いと…

e0092612_13454711.jpeg
〜グランキュベ の クオネス シリーズ〜

【ヤマソーヴィニョンが主力】

これは、
能登ワイナリーの個性だと思いました。

…というのも、
長野県内にも
ヤマソーヴィニョンで
ワインを造られる生産者さんはおられますが
【品種個性の強靭な渋味】が
プラスととるか、マイナスととるか…
という話でして…
し か し
能登ワイナリーさんは
醸しの期間を短くし
ソフトプレスすることで
程よい渋味の量に抑え
ま た
収穫期を極力遅くし
樹の上でブドウの糖度を上げているそうです。

e0092612_13431887.jpeg
まだまだ沢山お話を聞かせていただいたのですが
それはまた、
ご来店くださった時にでも…102.png

丸山さん、
ありがとうございました!102.png

e0092612_13152353.jpeg
お土産あるよ!笑

「長野県で能登のワイン扱って大丈夫ですか…?」

と、焦る丸山さん。

大丈夫です!
みなさん、珍しい日本ワインに興味深々ですから!!

と言い、
沢山仕入れましたよ〜〜笑106.png












by sheep999 | 2019-02-08 13:12 | お店情報