勝沼ワインの未来は明るいぞっ!!

常連さんのHさんが幹事さんが企画してくれた、
「第一回飲み歩き慰安旅行」に行ってきました。

今回は、下諏訪にある美味しいイタリアンレストラン「ボーノ」の
オーナーシェフご夫妻と、これまた下諏訪にある美味しいお蕎麦屋さんの
山猫」さんご夫妻も参加されて、とてもすごいメンバーの集まりでした。

この写真は、勝沼のぶどうの丘の地下にあるワインカーブでの一枚です。

e0092612_20225225.jpg


ここは、勝沼にある何十もあるワイナリーで生産されたワインが
ほぼすべて試飲できるというすごい場所なんです。。

過去10年以上前に一回来たことがありますが、そのとき以来2度目です。

今回驚いたのは、ヨーロッパの赤ワインの人気品種「カベルネ」を
地元で育てて、そしてワインとして出荷されてるワイナリーがすごく
増えていたことです。

また、地元品種の「甲州」を使った白ワインがすごくレベルアップして
いるのにも驚きでした。
今回は特に幹事さんのHさんのご配慮で、地元勝沼酒造さんの
直営のレストランにて、食事と一緒に辛口、中辛からデザートワインまで、
甲州酒で作ったワインをじっくり味わうことができました。

その時はっきり感じたのは、きっと近い将来、この甲州種が世界的に
もっともっと認められる日がくるはずです。
「シャルドネ」にも決して引けをとってません!!

ほんとに将来が楽しみです。

今回は残念ながら価格面で仕入れることができませんでしたが、
私の一押しは、
KW勝沼甲州樽発酵・・・・・・・3200円
丸藤ブドウ種工場50周年記念ワイン(甲州)・・・・3000円

ぜひ機会がありましたら挑戦してくださいね。

by sheep999 | 2006-11-07 20:41 | 食べ歩き