研修ツアー グルメ編FAINAL

・・・名残惜しくも帰国の日・・・


晴天に恵まれた最終日
乾いた空気
さんさんと降り注ぐ太陽


ビルバオの自然を肌で感じながら

グッゲンハイム美術館を中心に
(シェフ)重い腰を持ち上げて散策開始です。


e0092612_10303361.jpg

e0092612_1028756.jpg






道中で発見。
ユニフォーム店。。

「昨夜バル巡りで”羊で採用か?”っていうの見つけたんだよ」
・・・と立ち寄るシェフ。
e0092612_10324717.jpg

でも購入できず。閉店??あれ?

ウィンドウショッピングになってしまいました
土曜日だから閉まっているのかな。残念。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
事前準備で発覚。
ビルバオの情報が少ないですよね。。
少し小話はさんでみます。(/・ω・)/


通りの終着がグッゲンハイム美術館。わかりやすいね♪
近くなるにつれ、ワクワク感も上昇
e0092612_10335132.jpg




ビルバオ市街を走るトラムは、グッゲンハイム美術館停留所があります。
e0092612_10575129.jpg

が、実際に散策してみて思ったのは
最寄り駅ーIndautxuインダウチューで降りてもいいんだ!!ということ。実際に乗っていません。
裏側から美術館を見ながら、正面への期待感を高める・・・というプランになりますが。(笑)
e0092612_10563421.jpg

六本木ヒルズにも存在する蜘蛛の後ろから迫っていき
e0092612_10544063.jpg

歩道からも楽しめる作品と右手に見える川と旧市街地を楽しみながら
e0092612_1054530.jpg

正面のパビーに出会い、美術館内へ
・・・という工程ですね。
この巨大なオブジェは全て生花で出来てます。
だから冬の間は見れないんですって。
ラッキー!!



e0092612_1171948.jpg

ちなみに地下鉄メトロで行くときは ↑インダウチュ駅↑ が最寄りっぽいです。

また、ここインダウチュ駅から
e0092612_11313346.jpg

白い橋を渡り旧市街地へ行き、ロープウェイに乗ってビルバオ市街地を見渡すのもいいですよね・・・いけませんでしたが。。。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、ランチの時間です。
最後のビルバオランチ。勿論バル!!!

土曜日での11時30分
まだ時間が早かったので
どの店も空いてました。

2軒行きましたYO~~~~


では、写真へ!!!!
e0092612_11374489.jpg

e0092612_1136459.jpg

e0092612_11364546.jpg

e0092612_11371345.jpg

e0092612_11381983.jpg


e0092612_1139228.jpg

ピンチョスといえば、薄切りのパンの上に
いろいろ乗ってるのが定番ですが、
こんなハンバーガー風も目立ちますね。
e0092612_11393819.jpg

こちらはツナのペーストにアンチョビー乗せた
シンプルだけど美味しかったピンチョス。
e0092612_11403182.jpg

もちろんこのピンチョスには白のチャコリワインですね!



ほかにもバルいーーーーっぱいありました!
e0092612_11413766.jpg

e0092612_1142156.jpg

e0092612_1143126.jpg

おしまい
e0092612_11442738.jpg


あっ、、甘いもの見つけました。(笑)
e0092612_11452810.jpg

何気なくウィンドウには美味しそうなチョコレート達が。
最後のお土産GETデス!





ps
みなさま、最後まで旅行記読んでいただき
ありがとうございます。

もし行きたいなあってところがありましたら
わかる範囲でご説明しますよ!
999匹の羊に来てくださいね。



旅行で困ったこと

①ボルドー市内もサンテミリオンも公衆トイレがほぼ無い。
 (カフェに入ってトイレを借りるしか無い)

②かなり人の集まる建物でも、トイレは男女共用で一個だけ。
 (団体行動のツアーでは相当待たされる)

③グーグルマップで下調べして街を散策する時
 思ったより距離が長く疲れるってことが多い。
 (なるべくタクシーやトラムがいいですね)


よかったこと

①ボルドーの人は皆親切だった。

②タクシーの運転手さんも片言の英語しゃべってくれた。
③ショップはほぼ英語で会話してくれた。
(パリでは意地でも英語使ってくれなかった気がする)

④地下鉄やトラムなど交通機関は非常にスムースで便利。

⑤今回のコースは日本人やアジア系の人は少なく
 ヨーロッパに来たぞって充実感満載。

⑥何と言っても地元で飲むワイン、それに合う料理が美味しい!
 (特にバスク地方のバル料理は最高)



今999匹の羊店内には
旅行記の写真集もあります。

ぜひ見てね!!





ありがとうございました。





















by sheep999 | 2015-07-09 11:45 | グルメ