フランス スペインワイナリー研修ツアー 6弾

ブログをご覧いただいてる皆さん、こんにちは(^^)/


一気に記事をアップしてしまい・・・
全部読んでるよーーー(/・ω・)/
という方は今のところ現れませんが(´・ω・`)

心込めて、最後まで書きますんで、付き合ってくれる奇特な方(笑)よろしくー^^!


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\oooooooooo\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

そうそう、リオハのCuneですが
e0092612_11514115.jpg

広大な敷地に建物が3~4軒ありました。
e0092612_11534146.jpg

醸造を行う建物。
こんな巨大で大量の木樽で醸造ですよ!
(熟成ではあ〜りません)
e0092612_11543077.jpg

中はきれい。。


そして、VIP待遇とのことで普段見れない奥のほうへ案内してくれましたよ…



皆さんもご一緒に




心してご覧あれ



ワクワク(*^▽^*)ドキドキ







はい、こちら!!

e0092612_11565447.jpg


('ω')カビ。。。ウエカラ。カビ!?




奥に進んでドドーン
e0092612_1158634.jpg

写真は加工していません
( ゚Д゚)ココハ、ドコ。。。タイムスリップ。シッチャタ・・・?



いえいえ。


こういうこと
e0092612_11591754.jpg


…( ゚Д゚)1879年





カーヴの奥は、まさに洞窟・・・のような場所。
壁。。天井。。。ランプにまで、びっしりとカビ胞子が存在しています。
まるで ”この世の果て” に連れてこられたような
不思議な感覚でした。


静かに・・厳かで・・・時が止まっているかのようなカーヴ。

ですが。。
ワインは生きています
(もちろん商品として出荷するのです)




1879年から100年間は誰も入らないよう
入り口の鍵も葬り去ったそうです。。。

1世紀が経ち、、、家族の約束を守り、入り口を解放したそうですが・・・


この場所は、人の立ち入りを制限し、
静寂な空間を守り抜いているそうです。





およそ2世紀にわたり
最高のワインがある神秘的な空間に、招待していただけて。。。
感極まりました

私、奥まで行ってないんですけどね!!!(笑)





しかし、

このワインを起こすときはいつかなのか・・・

そして、その瞬間、ソムリエたちは
何を思い、どんなサーブをするのか。。。


いろいろ考えますが
未熟な私は、雲をもつかむ話で、答えはでませんね。










さて、、、奥のカーヴから移動して
e0092612_1291131.jpg

こちらは試飲会場。

e0092612_1215256.jpg

テイスティング=デギュスタシオンは
白、ロゼ、赤4種、、、、
e0092612_2328286.jpg

しかも、着席できちゃう!!!
それだけでもすごいのに。。。


締めは1987年であります!!
e0092612_23295566.jpg

ヴィンテージワインをテイスティングさせて頂ける機会。。。
めったにありません!!!


しかし、残してしまった…
( 一一)ダッテ、アト3分ッテ、、、、
(;O;)ムリ
アキラメタ(´・ω・`)






今回のツアーは、
(ガイドの吉田さんも申し訳なさそうにおっしゃっていましたが。)
・・・時間があれば・・・
と涙をのむ場面が多かった・・・




しかし!!!
ソムリエ協会 関西支部主催のツアー!




悔いを残したまま帰らせません!!




ツアーを通して大満足なのは
美味しく、豪華な食事&ワイン
なんですから!!


そりゃもうね、、、
e0092612_12263383.jpg

あっ、涎が…(@_@。ジュルッ



ということで、
次回からは
体がフォアグラになっちゃうyo!グルメ旅行記
に突入でーーーす(^◇^)


皆さんの旅行に、少しでも参考になるように
バンバン載せてきまっせーーーー






















・・

by sheep999 | 2015-06-25 12:27 | グルメ